So-net無料ブログ作成
検索選択

本能? [日記]

子供(2歳10ヶ月)を見ていると、意外なことが本能というか、生まれながらにして持っている「モノ」なんだなぁと思う「モノ」を見かけることがあります。

例えば、寝起きにする「伸び」。
手をグーにして、「う~ん」と言って「伸び」。
初めて見たのは、まだ何もわからない赤ちゃんの頃(生後数ヶ月)だったと思います。
手をグーにした伸びなんて見せたことなかったので、ちょっと意外でした。

あとは、怖い顔に対する反応。
テレビコマーシャルで般若のような怖い顔が出てくると子供は泣きますね。
「これが怖い顔だよ」と教えたわけではないので、人の怒った顔を生まれながらにして知っているのだと思います。
ちなみに僕が般若の顔を真似したら、やっぱり泣きました。
生きていくために、こういったことはプログラムされているのですかね。

赤ちゃんがかわいい顔をしているのは、大人に依存して生きていく必要があるためという仮説があるようです。
(何かで読みました)

でも僕はそれはちょっと違うような気がしてます。
元々人間には、赤ちゃんのような顔をしたものを「かわいい」と思うようにプログラムされているのだと思います。
そうしないと、子供のことかわいいと思えないし、育てられないですもんね。

nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

自分の天職がわかるそうです [日記]

僕の人生の先生である梅田幸子さんが本を出しました。

自分の天職がわかるという内容です。

先行予約開始だそうです。

梅田さん、おめでとうございます!

すごいなぁ・・・本を出しちゃうんだもんなぁ・・・

すごすぎ。

『あなたの天職がわかる最強の自己分析』(梅田幸子著 中経出版 1365円)





《梅田幸子さんの紹介》

梅田さんは、3社で人事をつとめたあとに独立してキャリアコンサルタントをしています。
一部上場企業からベンチャー起業まで、面接した人は4000名以上だそうです。

不採用が続く人や、やりたいことがわからない人は、一旦、立ち止まって自己分析に戻るのが鉄則だそうです。
本は梅田さんが面接やキャリア相談で実際に使っている手法を、シンプルにまとめたワークブック形式の本になっているそうです。

また、最近、話題になっている入社後の「思っていたのと違った!」というミスマッチも避けられるように書いてあるそうです。(ん~、すごい・・・)


新卒は1年で20%近くの人が辞めてしまうそうです。
中途は半分近い人がすぐに2回目3回目の転職をするのだとか・・・(俺のことか!?)

これは、自己分析が足りないのが原因で、「苦手で耐えられないもの」の存在を分析するのがいいらしいです。
(すっすいません!)


えーと、僕も実際、彼女の個人コンサルティングを受けたことがあるのですが、とってもためになりました。
まさに今、天職探し中です!



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

みんなと仲良くする努力をしない [日記]

以前は、みんなと(つまり出来るだけ沢山の人と)仲良くすることが、自分にとって大切なことだと思ってました。
でも、最近、考えが変わりました。
自分のことを、よく思ってくれる人とだけ、仲良く出来ればいいんだなと思うようになったんです。



きっかけがありました。
以前、勤めていた会社で、とても嫌な思いをしたんです。
その頃、僕は、3人のチームリーダでした。
3人の部下とはコミュニケーションをとり、とても仲良くやっているつもりでした。
実際、売り上げが、他のチームに比べてよかったこともあり、営業の人達からも、僕のチームが一番まとまっていると褒められました。そして自分でも、そう自負していました。
ところが、実は、その部下のうちの1人が、僕のことを誹謗していたのです。


部下が上司の悪口を言うのは当たり前とはいえ、相当ひどかったらしいのです。
その部下は、しゃべりが面白く、人気のある人だったので、他の人も一部感化されてしまったようです。
この事件以来、誰も信用できなくなってしまいました。
なぜなら、僕は、その部下と一番うまくいってると感じていたからです。



このことから立ち直るにはかなりのエネルギーと時間を要したのですが、
ひとつ気付いたことは、僕はみんなと仲良くしようとしすぎたということです。
勿論、おとなですから、ある程度はそういうことも必要ですが、付き合う人達全員と仲良くしようとすると、どうしても苦しくなります。
なぜなら、全員とは仲良く出来ないからです。
僕のことを嫌いになる人もいるということを最初から認識しておくと、僕のことを嫌いな人がいるという話を聞いたところで、どうというこはないのです。
「僕のことを嫌いなら嫌いでいいです」
「陰で僕の悪口を言ってもいいです」
「面と向かって、嫌いと言ってくれてもいいです」
「でも、僕の仕事の邪魔だけはしないで欲しい」
というスタンスです。
そして今では、苦手な人や、なんとなく苦手な人とは、飲みに行ったり、食事に行ったりすることがなくなりました。
そんなこんなで、今はなんとかハッピーだったりします。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

僕たちの宇宙 [日記]

当たり前だけど「宇宙」ってフシギ。
「ホーキング宇宙を語る」っていう本、No.1/2/3全部持ってます。(題名はそれぞれ微妙に違ってたかも)

ホーキングにしてもアインシュタインにしても、物理的・数学的に宇宙(の法則)を証明しようとしてるけど、そもそも僕らの宇宙ってなんだろう?と思うことありません?僕はあるんです。

僕には僕の宇宙、友達には友達の宇宙、これを読んでる君には君の宇宙が存在してて、それらは同じように見えるけど、全く同じではないんじゃないかって思うわけ。

例えば僕が自分の奥さんと一緒にいるとき、僕から見える宇宙と、奥さんから見える宇宙は、一見、全く同じに感じるかもしれないけど、違うんです、きっと。
なんでかって言うと、僕の宇宙は僕の宇宙であり、奥さんの宇宙は奥さんの宇宙だから。
もっとわかりやすく言うと、例えば僕が死んだら僕の宇宙はおしまい。消えてなくなってしまいます。でも、あとに残された奥さんの宇宙は、当然残ってます。
僕の家も家族も、僕の奥さんや僕のことを知ってる人たちの宇宙には存在し続けるけど、僕の宇宙はなくなってしまったので、もうなーんにもないわけ。僕の宇宙自体がない。

よく、SF小説(SMではない)なんかで「同時存在はない」なんて書いてあるけど、あれも同じ考えだと思う。
つまり、光には「速度」があるので、今、僕が見ている光景は、ほんのちょっと前に存在していた光景なわけです。
目の前にいる僕の奥さんも、同時に存在しているように見えるけど、それはそう見えるような気がしているだけで、実は、ちょっと前の奥さんを見ているんだよね。
唯一、同時存在していると体感できるのは、手と手が触れ合ったり、抱き合ったり、挿入中なんていう状態なのかなと思う。

こう考えると、宇宙っていうのは、生きてる人(生物)の数だけ存在してて、決してひとつではないんだなってこと。
だから、死んじゃいけないんだな。
死んだらその人の宇宙(すべて)がなくなっちゃうんだなってこと。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

お金だけじゃ幸せになれないって本当? [日記]

本当だと思います。
人間には、色んな欲がありますよね。
物欲、食欲、性欲、睡眠欲、愛情欲、所有欲、知識欲、出世欲、賞賛欲、達成欲、権力欲、破壊欲、自己顕示欲、権力欲、認知(他人から認められたい)欲、支配欲・・・などなど。
その種類や欲の強さは人によってさまざまです。
上の例の中で、お金で満足させたれるものは「物欲」「食欲」など一部だけだと思います。
つまりお金だけではその他の欲を満たすことが出来ないのです。

お金以外の欲が満たされてないのに、幸せになれるとは思えません。


あたなにはどんな欲がありますか?
そしてそれらはどれぐらいの強さですか?
それらを満たすためにはどうすれば良いと思いますか?
物質(お金)は目に見えやすいので、ついついお金を優先してしまいがちですが、自分の中にある他の欲にも目を向けてみてください。
今よりも幸せに一歩近づくと思います。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

自分のせいにすると楽になる(=人のせいにするとつらくなる) [日記]

僕の場合は、「自分が悪いんじゃん」って思えるようになったとたん、すごく気持ちが楽になりました。

例えば、そんな上司がいる会社に入社してしまった自分が悪いわけだし、学歴社会は以前から存在していたわけですから、もっと勉強して、いい大学に入ったり、もっと給料の良い会社に入る努力をすればよかったんです。

そう、今からでも遅くないんです。

もっと収入の多い仕事はいくらでもあります。

でも自分はそれを選択してない。

選択するような努力もしてない。

「じゃあ、しょうがないじゃん」

って思ったんです。

ゴールドマンサックスの給料は数千万とか数億とか聞きますけど、給料に不満があるなら、そういうところに入ればいいわけです。

でも、そういう努力はしてない。

やっぱり、「じゃあ、しょうがないじゃん」なんですね。

こういう風に、自分のせいにすると、気持ちはとても楽になります。

ネガティブなのではなく、すべての責任は自分にあるって思えることが、楽になれる秘訣なんじゃないかなと思います。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

秋葉原の通り魔事件 [日記]

2008年夏に起きた秋葉原の事件のニュースを見て、「この犯人、人のせいにばかりしてる」「自分が悪いんじゃん」って思った人も多かったと思います。

僕も昔、他人のせいにしたり、社会のせいにしたりすることが多かったので、彼のつらい気持ちが少しだけわかります。

勿論、あんな事件を起こすほどのことはありませんでしたが・・・



僕の給料が安いのは、上司が正しい評価をしてくれないからだ、とか、学歴社会が悪いから僕の給料は安いんだって思ってました。

これはとてもつらいことでした。

なぜなら、そんなことを言ったところで、他人も社会も変わらないからです。

変わらないから、どんどんつらくなっていくんですね。

きっと、秋葉原の事件を起こした彼も、周りのせいにし続けて、どんどん追い込まれていったのだと思います。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

根拠のあることと根拠のないこと [日記]

もしあなたが根拠のないことで悩んでいるとしたら、すぐに悩むのをやめましょう。
例えば、周りの人が自分のことを悪く思ってるとか、友達が怒ってるはず、などの悩みです。
夫婦恋人であれば、「あいつは俺のことをこう思ってる」とか「あの人はあたしのことをこう思ってる」という根拠のない悩みや怒りです。


ときには、この根拠のない悩みや怒りが、自殺や殺人事件に発展することさえあるのです。
気をつけましょうね!


実際に、周りの人が、あなたに向かって、「あなたのことを悪く思ってる」と言ったのであれば、反省すべき点もあるでしょうし、もし事実と違うのであれば、話し合ったり、反論する必要があると思います。
でも、誰も何も言ってない、間接的にも言われてないのに、「悪く言われてる」「多分怒ってる」→「どうしよう」と悩むのは無駄です。


百害あって一利なしです。
なぜなら、それらはすべて「あなたの頭の中だけで起こっていること」だからです。


「あなたの頭の中だけで起こっていること」に対して「悩んでしまっている」もしくは「怒ってしまっている」ということです。
実はまだ何も起きてないのです。

どうしても、あなたの考えが正しいと思うのであれば、周りの人または友達に確認するしかありません。
これが唯一の方法です。
その結果、あなたの考えが当たっていたら、そのとき初めて悩んだり怒ったりしましょう。
「そんなことはない」と周りの人が言ったら、素直にその言葉を信じて、根拠のない悩みはゴミ箱に捨てましょう。
悩みをゴミ箱に捨てることを具体的にイメージすると良いそうですよ。
根拠のない悩みや怒り、ありませんか?
考えるのやめましょうね。
でも、人間、ついつい考えてしまうもの。
そういうときは「また考えちゃった」と思って、すぐに自分の趣味のこととか、大好きな食べ物のことでも考えましょう。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

良い面にスポットライトをあてる [日記]

これは僕がカウンセリングに数年通ってたときに、先生(年下の女性のカウンセラーでした)から教わったことです。



心には「クセ」があるそうです。

悪い面ばかりを見てしまうクセ、言い換えると、悪いことばかり考えてしまうクセです。

一方で、良い面ばかりを見てしまうという心のクセを持っている人もいます。

羨ましいです。(笑)

あなたのクセはどちらでしょう?

この先生とのやり取りで、僕が発見したことは、どんなことにでも良い面と悪い面があるということです。

ただひとつの例外を除いては・・・ですが。

その例外とは自分が死んでしまうことです。

死んでしまうとすべてがおしまいですから、自分にとっての良い面はありません。



話を元に戻しますが、例えば、彼女に振られたとします。(女性の場合は彼氏に振られたとします)

本当に相手のことを好きだった場合、この世の終わりかと思うぐらい落ち込みます。

でもいいこともあります。

例えば僕はこんな風に思えるようになりました。

・もっと若くてかわいい彼女を探せる

・しがらみがなくなったのでしばらくは自由

・我慢してた風俗にも行っちゃおうかな

などです。

こういうことが出来るようになるにはある程度練習が必要です。

僕が先生にやらされたのは、カウンセリングのとき、毎回、3個ほど、良いことを見つけてくるというものです。

僕の場合は2週間に1回だったのですが、いつもぎりぎりになってしまって、行きの電車の中で、先週は何かいいことあったかな?などと考える始末でした。

僕が思いついたのは以下のようなこと。

・今日は天気が良かった

・少し涼しくなって通勤が楽になった

・今月も会社をクビにならなかった

・今月も給料がもらえた

・この前、友達と飲みに行って楽しかった

・バスが定刻どおり来てくれて助かった

などなど、思いつくまま、当たり前のことを3個ぐらい言ってました。

ところが、これを続けてしばらく経ったころ、「良いこと」を見つける、つまり良い面にスポットライトをあてるのが上手になっていることに気がつきました。

普段から「あ、これ良いことだな」とか「こういう良い面もあるよな」って思えるようになったんです。



僕は今外資系の会社に勤めているのですが、ご存知のとおり、リーマンショックの影響は大きく、レイオフがあるんじゃないかといううわさを外部から聞きかされます。

でも、もしクビになっても「この会社は僕のことを要らないと思っているのだから、そんな会社に無理に勤めていても不幸。これでもっと良い会社と出会えるチャンスが出来た。」と思えると思うんです。


悪いことや、悩み事が出来たときに、「この中でよい面はどこ?」と一生懸命考えてみると、意外と見つかるものです。

日々の練習ですので、思いついたときにでも試してみてください。

「クセ」は直せます。

先のA君とB君の話は、良い面を見ているか悪い面を見ているかの違いなんですね。

人の幸せは摩訶不思議です。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

どっちが幸せ? A君とB君の話 [日記]

A君とB君は同級生の男子です。

同じ小学校に通い、同じ中学校に通い、同じ高校に通いました。

成績もほとんど同じ。


2人は高校を卒業し、就職することになりました。

そして、同じ大手の電機メーカーに2人とも就職しました。


A君は、「大学生より早くお金を稼ぐことが出来て嬉しい」と思ってます。

B君は、「みんなのように大学に行って遊びたかったなぁ」と思っています。


また、


A君は、「こんなに大きくて有名な会社で働けるなんて幸せだな」と思って働きます。

B君は、「こんな大きな会社で、歯車の1個として働くなんていやだな」と思って働きます。


2人とも結婚し、そこそこ仕事をこなすのですが、大学を出てないので、昇進することもなく、平社員のまま定年を迎えます。


さて、この2人、どちらの人生が幸せでしょうか?

A君ですよね。

2人とも、学歴も、収入も、生活環境もほとんど同じのはずです。

つまり、学歴も、収入も、生活環境も、「幸せ」とはあまり関係なかったのです。

ではこの2人何が違ったのでしょうか?
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。