So-net無料ブログ作成
検索選択

みんなと仲良くする努力をしない [日記]

以前は、みんなと(つまり出来るだけ沢山の人と)仲良くすることが、自分にとって大切なことだと思ってました。
でも、最近、考えが変わりました。
自分のことを、よく思ってくれる人とだけ、仲良く出来ればいいんだなと思うようになったんです。



きっかけがありました。
以前、勤めていた会社で、とても嫌な思いをしたんです。
その頃、僕は、3人のチームリーダでした。
3人の部下とはコミュニケーションをとり、とても仲良くやっているつもりでした。
実際、売り上げが、他のチームに比べてよかったこともあり、営業の人達からも、僕のチームが一番まとまっていると褒められました。そして自分でも、そう自負していました。
ところが、実は、その部下のうちの1人が、僕のことを誹謗していたのです。


部下が上司の悪口を言うのは当たり前とはいえ、相当ひどかったらしいのです。
その部下は、しゃべりが面白く、人気のある人だったので、他の人も一部感化されてしまったようです。
この事件以来、誰も信用できなくなってしまいました。
なぜなら、僕は、その部下と一番うまくいってると感じていたからです。



このことから立ち直るにはかなりのエネルギーと時間を要したのですが、
ひとつ気付いたことは、僕はみんなと仲良くしようとしすぎたということです。
勿論、おとなですから、ある程度はそういうことも必要ですが、付き合う人達全員と仲良くしようとすると、どうしても苦しくなります。
なぜなら、全員とは仲良く出来ないからです。
僕のことを嫌いになる人もいるということを最初から認識しておくと、僕のことを嫌いな人がいるという話を聞いたところで、どうというこはないのです。
「僕のことを嫌いなら嫌いでいいです」
「陰で僕の悪口を言ってもいいです」
「面と向かって、嫌いと言ってくれてもいいです」
「でも、僕の仕事の邪魔だけはしないで欲しい」
というスタンスです。
そして今では、苦手な人や、なんとなく苦手な人とは、飲みに行ったり、食事に行ったりすることがなくなりました。
そんなこんなで、今はなんとかハッピーだったりします。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。