So-net無料ブログ作成
検索選択

マンション耐震性偽造問題について [事件・事故]

知らない人のため:
http://www.asahi.com/national/update/1121/TKY200511210167.html

姉歯建築設計事務所の設計士は一体何を思いこんなことをしたんだろ。
悪しき業界に一石を投じることが目的だったの?
それとも単なる自己中なの?
それともみんながやってて、たまたまこの人だけバレちゃったの?

普通ならピンポンを押しても出てこない、電話をしても出ない、どこかに潜伏・・・
というのが、こういう社会的大問題を引き起こした人のとる行動でしょ。

それが普通にテレビインタビューに答え、次の日には「弁護士に何もしゃべるなと言われた」と言って、黙ってしまってわけがわかりません。

ちなみに本人は、「仕事を増やしたかったから」と言ってます。
でも、この結果すごいお金が転がり込んだわけでもないようです。

人の命を危険にさらすような設計。
今回のことがバレずに、震度7の地震が来てマンションが崩壊して、沢山の人々が死傷するようなことになったら・・・ということを考えなかったのかな?
考えたけど平気だったの?

平気だったとすると、心配は更につのります。
つまり、平気である理由が、
「こういう手抜き設計は他でもやってるんだけどなぁ・・・。俺だけばれるなんてついてないなぁ・・・。」
ということだと、大変なことになります。
特に、設計を下請けに出さない大手有名デベロッパー(建築主)が、内部でこういうことをやってたりすると、もうわからないんじゃないかと心配になってしまいます。

国土交通省にはこの辺も含めて徹底的に調査してほしいっす。
てってーてきに!です。

ところでこの「事件」、公文書偽造などの刑事事件にはならないのかな。


nice!(1)  コメント(5)  トラックバック(7) 

nice! 1

コメント 5

Naowan

PIROさん、こんにちわ。初めまして。
わたしの、何気なく書いているコメントに反応を示してもらって大変嬉しく思います。
がーっ、構造計算書の偽造という事件については、気分が悪くなりますね。
 さて、私のブログに頂いた、ご質問の件の回答です。
多くの名のあるゼネコンでは、本店や支店に設計部という部署があり、そこには構造設計を行う人員が配置されています。
その為、通常、現場で施工を行っている際に、怪しいと感じたら、まずそういった支援部門に問い合わせを行います。それが当たり前だと思います。
私が携わった物件では、間違いや強度が不足していると言った事が、今まで有りませんでしたので、ある意味幸せだったと思います。
私も、マンションの建築に携わる事が多いのですが、最近の大手ディベロッパーの傾向として、構造に対して、今まで以上の関心と、ディベロッパー独自の構造マニュアルが有ります。その為、構造設計時にそれらが満足されていないと設計として認められないような工夫もされています。何処までが大手かを言うのかは私の独断ですが、私の経験した大手は、過剰なぐらいの構造設計をしています。

現場での判断にしても、構造設計者の判断にしても、「技術者としての良心」の基に法が整備されている事を、現場監督や建築士がもっと認識する必要があると思います。
by Naowan (2005-11-21 22:33) 

PIRO

Naowanさん、
早速のお返事ありがとうございます。
Naowanさんのコメント読んで少し安心しました。
うちのマンション、3本の指に入る大手なので。
Naowanさんのような監督さんが増えることを祈ってやみません。
by PIRO (2005-11-21 22:42) 

kn

>でも、この結果すごいお金が転がり込んだわけでもないようです。
なんかガラスも割れててゴミだらけのおうちが映ってましたよね
とても一級建築士のおうちには・・・ちょっと。
あたしもマンションに住んでますけど「我が家は大丈夫か?」って
誰もが思いますよねぇ
あぁ・・・我が家も誰か 調べてくれないでしょうか
そしてこの上のコメントをしているNaowanさんのような方が
作ってくれていたらいいのですけど。。。
by kn (2005-11-22 21:10) 

PIRO

knさん、こんにちは。
一級建築士ってもうからないのですかね?
僕もその映像見て「ガラスぐらい買えよ」って思ってしまいました。
僕も今回のことで色々勉強しましたが、構造計算書のチェックはプロでも結構大変だそうです。
でも、構造設計図から危ないかどうかを推測することは割と簡単だそうです。
内覧会同行サービスなどをやってるところにお願いするのも手かもしれませんね。
理事会を通して管理費使ってマンション全体を見てもらうとかね。
by PIRO (2005-11-23 16:30) 

lnznt

PIROさん、こんにちは。
トラックバック張らせて頂きました。
以下、貴記事へのコメントします。

> でも、この結果すごいお金が転がり込んだわけでもないようです。
儲けたのは、販社か元請の大手ですかね。
彼らは責任も取らないし、結局最後まで一番得をするのでしょう。

> 今回のことがバレずに、震度7の地震が来て
> (略)・・・ということを考えなかったのかな?
私も一技術者ですが、「モノづくりの人間」としてはありえません。件の建築士は職人の魂を捨てた裏切り者と考えてます。

ただ、官-大手(元請)-(中請)-零細-フリーという請負構造など、職業技術者を堕落させる温床が元凶といえると思います。
(「談合」なんて、何故無くさない)

>「こういう手抜き設計は他でもやってるんだけどなぁ・・・。(略)

"堕落"した技術者には、悲しいかな、そう考える人もいるようです。
ソフトウェア開発プロジェクトの話ですが、大手の社員プログラマ達は皆バグが多く、協力企業の
私だけが品質基準をクリアしていました。
その大手の課長が、私へ向けた言葉は、
「バグが出たほうが後々メンテの仕事に繋がるんだよ」「綺麗で読み易いコードを書いたら、他所の会社に保守の仕事を取られるだろ」
でした。いい仕事してるね、なんて言葉はありません。
この大手は一部上場の(世間的には)立派なSIerです。
この十数年、大手と呼ばれるところと似たような経験は何度もしています。

大手と絡まなければ仕事(プロジェクト)にありつけない以上、堕落せざるを得ない、というのも、正直なところ、わからなくもありません。

> 国土交通省にはこの辺も含めて徹底的に調査してほしいっす。
あまり、期待できないように思えます。
役所や大企業は、マニュアルやカリキュラムはたっぷりと用意しています(ISO を取得しただの、Pマークに適合しているだの)。
ですが、それをちゃんと理解して扱えるか?というと、どうでしょう。
彼らは、「マニュアル通りこなしてさえいれば」よいのです。技術を理解していません。
だから、「マニュアル通り検査した。だから(問題を検知できなくとも)落度はない」などと言えてしまうのでしょう。

> 公文書偽造などの刑事事件にはならないのかな。
建築士は刑事責任を問われ、施工会社は潰れたりするでしょう。

で、

官は面目を保ち、販社・元請大手は責任転嫁して一件落着。
。。。同じ事件は形や業界を変えて何度でも起きそうに思えます。
by lnznt (2005-11-23 19:03) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 7

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。